エンベデッドのソフトウェアテスト・第三者検証

エンベデッドのソフトウェアテスト・第三者検証

エンベデッド(組込)の検証では、家電やデジカメ、カーナビなどに組み込まれているシステムが正しく動作するかを検証します。「IoT」が急速に浸透しつつある今、組込製品は様々な機器と繋がるようになり、必要となるテストも大きく変わっています。QaaSには、これまでに培ってきたWebやモバイル検証の豊富な知識と経験があり、IoTデバイスの検証も安心してお任せ頂けます。

こんなお悩み、お任せください!

  • 毎回発生するサイクルテストのリソースを確保したい…

  • 新機能開発に合わせて、検証内容のメンテナンスをしたい…

  • 過去の情報から弱点を分析し品質を向上させたい…

  • IoT機器のテストをどこまでやればいいか分からない…

QaaSのエンベデッド検証事例

スマートフォン端末

テスト概要 アップデート前検証、市場不具合の再現テスト、自動テスト
期間・工数 10人月/月(常駐+オフサイト)
テストプロセス テスト設計、テスト実施、テスト自動化

リハビリ機器

テスト概要 実際に機器を使用した第三者検証
期間・工数 テスト設計1人日、テスト実施6人日(数日)
テストプロセス テスト設計、テスト実施

ポータブルカーナビゲーション端末

テスト概要 市場リリース前の機能検証
期間・工数 テスト実施20人日(1〜2週間)
テストプロセス テスト実施(テスト項目はお客様のご提供)

複合機

テスト概要 結合試験、総合試験
期間・工数 2人月/月(1年)
テストプロセス テスト設計、テスト実施

エンベデッドのソフトウェアテスト・第三者検証の特徴

特徴 01

IoTの検証も安心

スマートフォンと乾電池、冷蔵庫、カーナビ。ウェアラブル端末と体重計。あらゆるデバイスが繋がる時代。「どのようなテストが必要なのか?」「セキュリティは大丈夫なのか?」など、これまでの閉じられた組込機器とは求められる品質が変わっています。Webやモバイルの検証実績が豊富なQaaSだからこそ、IoTの検証も安心してお任せ頂けます。

特徴 02

安全・安心のセキュリティ環境!

エンベデッド(組込)検証では、専用のハードウェアを用いることが多く、検証機材は発売前のプロトタイプや試作機を貸与頂くことが少なくありません。QaaSでは、お客様のセキュリティ要件やご要望に合わせて、専用ブースや専用回線のご用意をすることも可能です。

特徴 03

様々なプロダクトに合わせた検証プラン

組込機器は、ハードウェアもソフトウェアもプロダクトごとに独特な点が多く、QaaSではプロダクトの特性や過去製品も理解をすることにより、それぞれのプロダクトに合わせたテストをご提供します。