Qaas

Consulting品質コンサルティング

上流工程で品質を作り、
品質をコントロールする

クアーズの武器である「ソフトウェアテスト(第三者検証)」のニーズは近年高まっており、その重要性を増していますが、
一方で「テストコストの肥大化」と「優秀なテストエンジニアの不足」、「下流工程におけるバグ検出増加による、最終品質の悪化」が問題になっています。
設立以来クアーズでは、テストだけでなく「バグを作らない開発=上流工程で品質を作り込む開発」と「品質をコントロールすること」が重要であり、
ソフトウェア開発の上流工程や、品質マネジメントのご支援もすることが、真の「品質向上支援」であると考えて取り組んで参りました。

QUALITY MANAGEMENT品質コンサルティングは、
クアーズの
「品質コンサルタント」が、
お客様の品質マネジメントをご支援するサービスです。

上流工程の品質作りと、適切な品質コントロールをご支援することにより、下流工程に係るテストコストを最適化し、バグの検出量を抑制することで、 開発リソースの負荷軽減を実現します。これが結果的に、良質なプロダクトの提供と開発のトータルコストの最適化にもつながります。

クラウドやIoTなど、サービスの多様化と開発の高速化は、ますます加速しており、「ソフトウェア品質」の課題は増加の一途を辿っています。 クアーズでは、開発・品質のプロフェッショナルである品質コンサルタントが、お客様の課題解決をご支援します。

品質コンサルタント=
コンシェルジュ

「品質コンサルタントって、どんな人?」と質問をよく頂きます。
品質コンサルタントは、ソフトウェア開発におけるSEやPMとしての知見はもちろん、
品質管理の知見も兼備した「品質のプロフェッショナル」です。
コンサルタントという表現を用いていますが、一人一人が「”現場”の匂いや温度を知る」優秀なエンジニアとしてのバックグラウンドを持ち、クアーズでは彼らに「QMO(Quality Management Officer)」という職位を与えています。
品質についてのお悩みや課題は、何でもご相談ください。彼らは品質のコンシェルジュです。

課題の分析、改善提案
+「定着までの支援」

コンサルタントというと、課題の原因・真因を分析し、改善施策を立案するところまでをイメージする方も多いと思います。
「結局、言っただけじゃないか」と。しかし、クアーズの品質コンサルティングは違います。
真の意味での品質向上支援は、改善施策が実行され、PDCAサイクルを回しながら成長し成熟され「定着する」までを指すと考えており、定着するまでをご支援するのが、クアーズの品質コンサルティングです。

品質の課題は企業にとっても重要な課題でもあり、課題を受け入れ、改善していくのはとても大変なことです。
ただ、ご安心ください。クアーズの品質コンサルタントは、改善の定着まで責任を持ってご支援します。

品質コンサルティングサービスQMO(Quality Management Officer)
課題の原因・真因を分析
  • 品質管理 QAのスキーム構築や最適化
  • 戦略・計画 ソフトウェアテストの戦略・計画の策定
  • 改善 現在のテストプロセスの改善

SERVICE MENUサービスメニュー

品質コンサルティング

「開発・QA体制やプロセスを見直したい」「QA組織やスキームをゼロから構築したい」「品質担当を育成したい」など、開発やQAの組織、プロセスそのものの見直しやスキーム作り、品質担当者の育成をご支援します。

専任のコンサルタントが、課題の洗い出しから原因の分析、改善案の立案、実施の推進など、総合的にご支援します。

プロジェクト
マネジメント支援

当社の「品質コンサルタント」が開発プロジェクトに参画し、品質マネジメントのご支援をします。

開発手法やプロセス、プロダクト特性や企業文化を理解し、QCT+S(品質・コスト・スケジュール+エンドユーザーの満足)を達成するため、最適なマネジメント支援をご提供します。

クオリティゲート
(品質基準)の策定支援

開発フェーズ移行時の判定基準や受入基準など、ソフトウェア開発におけるマイルストーンで必要とされる、品質基準の策定をご支援します。

新たに基準を設けたいとお考えの場合はもちろん、現在の基準を見直したい場合も、ご相談ください。当社独自の基準項目や基準値をベースに、お客様企業ごとに最適なカスタマイズし、ご提案します。

仕様書・設計書
インスペクション

仕様書や設計書のインスペクション(不具合や問題点がないかを検証する)を行い、実装する前に仕様のバグや考慮漏れなどを検出します。

バグの70%以上が、設計工程で混入しているとも言われています。昨今では、アジャイル開発の普及により、開発ドキュメントがあまりないプロジェクトも増えていますが、少しでも仕様に関するドキュメントがあれば、それを元に行うこともできます。

導入事例

官公庁向け
ソフトウェアベンダー様の
品質基準見直し

ご依頼の経緯

ウォーターフォール型の開発手法で、各開発工程(フェーズ)の移行時に運用してきた品質基準や監査体制が、上手く機能しておらず、プロダクト品質についてもバグが多く、品質基準や監査体制の見直しをご相談頂きました。

STEP 01 / 調査(1ヶ月)

お客様先にコンサルタントが常駐し、現状の品質基準や監査実態の把握。ステークホルダーへのヒアリング。

STEP 02 / 分析(1ヶ月)

調査結果を元に原因を分析。仮説を立て、改善施策を立案し、クライアントとレビューし合意。

STEP 03 / 改善(3ヶ月)

改善施策を小規模のパイロットプロジェクトで実施し、以後、PDCAを回しながら複数のプロジェクトで定着まで推進。

RESULT / 効果

形骸化していた品質基準と監査体制を、リアリティがある最低限の基準項目と過去実績を考慮した数値に変更し、監査体制については、監査担当者の育成プログラムの作成と浸透などを実施。結果的に、テスト工程でのバグが23%、開発担当者の労務時間が15%減少。

お客様の声「外部の専門会社に客観的に見てもらうことで、より大胆な改善ができた。また、外部からの声だからこそ、内部も受け入れられた」

FLOW導入フロー例:品質プロセスデザイン

STEP01
ヒアリング(打ち合わせ)…2時間

まずは、打ち合わせベースで、お客様のご状況をヒアリングさせて頂きます。お客様の困りごとをより明確化し、担当させて頂くQMOを選定いたします。(ヒアリングは原則無料です。)

STEP02
現状把握(お客様の常駐)…1週間

担当QMOが1週間ほど、お客様に常駐させて頂き、ヒアリングさせて頂いた困りごとをより具体的に整理し把握します。
また、お客様と直にコミュニケーションを取ることにより、少しでも信頼を頂けるよう心がけております。

STEP03
QAスキーム・検証プラン策定・ご提案…1週間

課題や対策を具体化し、スケジュールやゴールイメージを定めたレポートをご提案します。
例では、QAの予算が限られていたため、小規模アップデート時の回帰テストはお客様が内製で行えるように、大規模アップデート時は弊社がご支援できるような仕組み作りをご提案しました。

STEP04
検証業務の運用…都度
※第三者検証サービス

お客様が内製で行うテストでは、初回は担当QMOが導入とアドバイザーを努めさせて頂き、以降は何かあれば都度、チャットツール(slack、Teams等)でQMOが対応できるようにしました。

STEP05
半期毎のKPI測定と品質分析+改善提案

ご提案し実行している施策が、どのような効果をもたらしているのか?半期毎にご依頼状況やプロセス、テスト情報など、数値化された情報を元に品質を分析し、次の改善施作に繋げていきます。

LOCATIONご契約やロケーションについて

お客様のご都合に合わせて、契約形態やロケーションをお選びいただけます。
「上流工程は常駐で、下流工程はスタジオで」「全てスタジオ or 常駐で」など、業務特性なども考慮して、
最適な契約やロケーション(拠点)を、スピーディにご提案いたします!

ご契約やロケーションについて
請負契約
クライアント企業様の構内常駐、
または当社作業場所(各スタジオ)にて
対応します。
派遣契約
労働派遣事業許可証
(許可番号:派13-306359)
ソフトウェア第三者検証事業

ソフトウェア第三者検証

ソフトウェア検証(テスト)のプロ集団として、優れた技術とナレッジを活用し、お客様に最適なテストを提供します。QCT+Sに効率的・効果的なテストを実施することにより、お客様にご満足いただける成果をお約束します。

PAGE TOP