Qaas

BUSINESS PROMOTION DEPT MANAGER事業推進部長

日系Slerで開発やQA、海外法人代表を務め、その後クアーズへ入社。
クライアント業務にてクライアントからの絶大な支持を得ていると同時に、
事業推進部長として、テスト自動化サービス立ち上げ、標準プロセス策定など社内のあらゆる最適化に携わっている。
また、クアーズの基盤に強く深く携わっている人材として、評価制度・スキルアップ研修などエンジニアの育成にも注力している。

― 前職でのご経験や、クアーズへの転職経緯を教えて下さい。

ソフトウェア開発を経験した後プロダクトQA担当となり、そこで品質管理の考え方を身に付け、オフショアでのQA立上げや育成、マネジメントに携わっていたのがメインとなる経験です。その経験を買われ、クアーズをこれまで以上に成長させるために転職してきました。

― クアーズと他社様では、QAの観点において具体的にどのような点が異なるのでしょうか?

弊社も含め業界全体で高いレベルを追い求めていく必要があり、実務レベルでは各社で大きな違いはないと思います。ISTQBというソフトウェアテスト技術者認定があり、それをベースにして取り組むのは業界全体としての共通認識です。
ただし、「どこを目指していくのか」は各社によって異なります。最も大きな部分であれば、クアーズではプロダクト全体のコンサルティングができることが最大の強みだと言えます。上流から入って品質コンサルティングを行う、あるいは特定環境や業務領域に尖っている、といった「ヒト」に資源を投入することを重視しています。デジタルとアナログの融合という言い方をしていますが、ヒトの部分(アナログ)を大事にして、しっかりとした標準(デジタル)を組み合わせることで、高い品質のサービス提供することを目標に動いています。
テストの実行といった一部分だけを追い求めることも非常に重要ではありますが、クアーズでは全体を俯瞰して、プロダクトやプロセス全体の品質をコンサルティングできるように努めています。

事業推進部長

― クアーズでの現在の仕事を教えて下さい。

社員の育成カリキュラムの作成運用、スキル定義から評価制度の作成運用、自動化テストのサービス構築などを行っています。
最近では、未経験の方をエンジニアとして採用する動きを始めたので、1カ月ほどで経験者の支援を得て戦力として活躍できるレベルにまで引き上げる研修も行っています。具体的には、外部から講師を呼んで、マニュアルやカリキュラムを作ったりしていますね。
最初はテクニカルな部分は求めてないですし、必要最低限のPCスキルがあれば歓迎です。人を巻き込むことができる力を持っている方や、熱意があってコミュニケーション能力が高い方も大歓迎です。
あとは、外国人のエンジニアもいるので、そういった方にはビジネスコミュニケーションを教えたり、eラーニングを活用して指導したりしています。

― 既存の社員様向けの研修では、どのようなことを指導しているのですか?

提供しているサービスレベルを引き上げるための研修を用意しています。「案件を獲得するためのスキル」が必要とされていますので、テストにおける要件分析や計画、見積、設計のスキルを身につける研修となります。テストの実行に関しては手順書があれば誰でもできると言えます。ただし、手順書を作成するには、テスト観点を作成して、テスト設計をするという業務があります。これは、誰にでもできることではありません。具体的には、どういった観点で何をどこまで手順書に落とし込むかを決める必要がありますし、その落とし込む内容をお客様と調整して誘導する能力も必要です。
弊社の研修は、これらのスキルを身につけられるようにするための研修です。テストの実行のみではなく、エンジニアの本質的なスキルアップには繋がるように、カリキュラムに内容を落とし込んでいますね。設計、開発、実行、クライアントワーク、マネジメントのすべてにおいて高い品質を提供できるエンジニアの育成に今後も注力しようと考えています。

― チームメンバーをマネジメントする機会が多いかと思いますが、マネジメントする際に意識していることを教えて下さい。

目の前の作業のみを伝えるといったことはしないようにしていますね。その先の作業、またその先の作業もつながった景色として見せるようにしています。さらに自分の業務が周囲にどういった影響を与えるのか、最終的に会社やお客様に対してどのような貢献ができるのかを常に考えるよう指導しています。

事業推進部長

― マネジメントの観点から見て、テストの実行者に必要なスキルはどういったものであるとお考えですか?

A. まず、テスト手順をしっかりと読むことができて、そのとおりに実際に実行を進められるといったスキルは最低限必要です。ただし、それだけでは成長しませんので、会社としても良い方向には進まないと考えています。わたしがいつも共有している考え方は、良い意味で手を抜くことです。「前向きな手抜き」という言葉が大好きで、結局同じ結果を出すのであれば、時間も手間もかけないほうが良いじゃないですか。さらに、その手を抜いて余った時間で、既存のプロジェクトに手を加えて良い方向性に持っていければ、最高ですよね。なので、どうやれば手を抜けるのかを常に考えられる方はすごく良いと思います。
また、早めに諦めて、周りを巻き込むスキルも必要だと思っています。たとえば、知らないことやわからないことは、どれだけの時間をかけようともわからないはずです。それであれば、隣の人に「5分考えみたけどわからなかったので、指導してくれますか?」と確認してみて、結果解決できたらそのほうが絶対に良いわけですよね。だからこそ、周りを巻き込むやり方で仕事を進められるスキルが必要ですし、そういった形で仕事を進めてくれと社員の方にも常に共有しています。

― 今後、テスト業界ではどのようなエンジニアがより求められていくと思いますか?

A. 昔と比較して落ち着いてきた感覚はありますが、テストという仕事が、下に見られる風潮が今でもあると思っています。新入社員は入社したら「とりあえずテストだけやっとけ」みたいな。いや、そういった仕事ではないことを強く押していく必要があると思いますし、業界全体でもそういった動きが見られます。だからこそ、「ただテストができるエンジニア」として留まるのは、危険です。実際、お客様側でもテストに対する求める品質のレベルは年々上がってきていますし、自社QAという形で自社内にQAの専門部隊を配置する企業も増えてきています。
それらを踏まえたうえで、我々のように第三者検証という形でテストを行うのであれば、当然自社でテストを内製化している企業よりも高い品質を担保しないといけません。あるいは、別のアプローチとして第三者検証の企業としての知見を利活用して、お客様にサービス提供できるエンジニアは今後もより求められていくと思っています。そういった意味で、弊社ではお客様により満足していただけるスキルを持てるための研修も用意してますし、社内勉強会なども充実しているので、育成環境としては整っている自信があります。なので、教える意欲が高い方や、テストに興味があって学ぶ意欲が高い方はぜひ弊社に入社してほしいですね。

― 高品質なテストをクライアントへ提供するには、具体的にどういったスキルが必要になるのでしょうか?

プロダクトの利用シーンをしっかりと想像することができて、そこに最適なテストを組み込めるスキルは非常に重要です。テストの開発や実行などは、やろうと思えば方法を変えて何度でも繰り返せますので、作業量には際限がありません。ですが、「本当にそのテストが必要ですか?」というケースも多々あります。
実際、お客様から「こういった形のテストをしてほしい」といったご要望が来ても、プロダクトの本質的な部分を見極めると、実は不要なテストが含まれているケースもあります。本当に必要なテストのみに注力しましょう、ということは常にご提案するようにしています。

― クアーズへの入社をご検討されている方に、メッセージをお願いいたします。

A. 弊社ではおせっかいというマインドで「ヒト」に注力をして、モノづくりの品質向上するためのサービスを提供しています。ソフトウェアテストはこれから益々伸びていく市場ですし、開発や運用保守、ITサービスマネジメントといったスキルがますます求められると感じています。
業界で見ると2番手集団に位置していると思っていますが、そこから抜け出すためのエンジンになれる方、熱意を持って周りを巻き込む力がある方、大きなミッションに挑戦してみたいとさらなる成長をもとめる方は、ぜひ弊社でクライアント第一のテスト業務に携わりましょう。

エントリー受付中!

PAGE TOP