Qaas

×  CLOSE

クアーズから、ついに誕生!

WEBシステム負荷テスト

WEBシステム

負荷テスト

安心と信頼を勝ち取るWEBサービスを目指すために

安心と信頼を勝ち取る
WEBサービスを目指すために

そのWEBサイト
多数のユーザーアクセスに耐えられますか?

クラウド化したけれど負荷に耐えられるか不安だ

大量のユーザーアクセスによりレスポンスが重いシステムになった

復旧に時間がかかりサービスに影響が出た

事前に負荷テストを行うことで、
未然に防ぐことができます

事前に負荷テストを
行うことで、
未然に防ぐことができます

負荷テストとは?

WEBアプリケーションや業務システムで重要となるのが、「信頼性」と「パフォーマンス」です。パフォーマンスの悪化は、満足度低下による売り上げ機会の損失、追加・更新等のスケールアップコストの増大、保守コスト増加等、収益の損失につながります。クアーズの負荷テストは、これらパフォーマンスの問題を洗い出し、システムの信頼性向上をご支援します。

お問い合わせ

負荷テストについての疑問など、まずはお気軽にご相談ください
お問い合わせはこちら

負荷テストの主な流れ

負荷テストの方法

負荷テストの分類

目的に応じて適切な負荷のかけ方や計測方法を提示いたします。

A想定負荷での性能評価
(ECサイト向け)

想定負荷でピーク時間を想定し、一定の利用者数での応答速度等を評価します。

流入離脱のバランスにより一定ユーザー数を維持


B過負荷時の運用可能性評価
(イベントサイト、チケット販売向け)

どの程度のアクセスに耐えられるか評価します。

想定されるユーザー数に耐えられるシステム構築

テスト対象の分類

ご要望に応じて対象の所在や環境に対応します。

所在

オープンウェア
 

クラウド上の負荷生成器からアクセスします。IP制限やBASIC認証等をご利用いただけます。

オンプレミス(※応相談)

貴社内に負荷生成器を構築します

環境

テスト用環境
 

一般ユーザー用環境とは独立した環境で試験します

本番環境
(※応相談)

一般ユーザー用環境に影響が出ないよう配慮しつつ試験します

シミュレートするクライアントの分類

ネイティブアプリがクライアントの場合でも対応いたします。

ブラウザ

ブラウザをご指定いただくことも可能です。

ネイティブ

Windows / Mac / Android / iOS等 各種ネイティブアプリが発行するHTTP(S)リクエストの再現も可能です。

計測項目

基本プランではサーバ応答を計測し、行動ごとのユーザ待ち時間やエラー率を推定します。
改善に有用な情報が必要な場合はサーバリソースの計測も承ります。

サーバ応答

応答時間やエラー率等を計測
→ユーザ体験や可用性を推定

計測項目
応答時間/転送テータ量/エラー率

計測項目
応答時間/転送テータ量/エラー率

サーバリソース(※オプション)

負荷テスト中の対象サーバのリソースを計測
→対象ユーザのボトルネックを推定

計測項目
CPU使用率/空メモリ量、
スワップ状況/ディスクI/O

計測項目
CPU使用率/空メモリ量、スワップ状況/ディスクI/O

お問い合わせ

負荷テストについての疑問など、まずはお気軽にご相談ください
お問い合わせはこちら
PAGE TOP