Qコラ〜QaaS通信番外編〜(Vol/10)


Pocket

こんにちは、LinQ実行委員会です。

 

弊社のQMOから、お客様のより良い製品開発に役立てて頂けるよう、「ソフトウェアテストの手法」や、「品質向上の為のノウハウ」を、毎月第2金曜日にウェブサイト限定のコンテンツとしてお届け致します。

 

〜今回は更に番外編として、テストエンジニアのコラムを掲載いたします〜

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

第10回目「異なる分野から学ぶテストの重要性」

 

私は普段WindowsやMacツールの動作テストやユーザビリティ観点でのテストを行っているのですが、先日全く別ジャンルにおいても「テスト」って大事だなと身をもって知ったお話。

 

割と言葉としては一般的で、聞いたことのあるテストの名前かと思われますが、「パッチテスト」という名前のテストをご存知でしょうか。

 

※「パッチテスト」とは

アレルギー性接触皮膚炎の診断確定,原因解明のために行う検査。貼布試験ともいう。

原因と疑わしい物質を皮膚に接触させ,その部位に皮膚炎が生じるかどうかを調べるもの。

コトバンクより( https://kotobank.jp/word/%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88-162708 )

 

よく市販のヘアカラーや化粧品の取扱説明書に記載されており、やり方としては対象物の少量を直接腕や太ももなどに塗布し、24~48時間ほど放置してから肌の変化をみるテストになります。

そのテストを行い、肌に何かしらの異常が見られた場合には、基本的には使用を中断し、症状がひどい場合はお医者さんへの相談が必要になるかと思われます。

実際肌のただれや、腫れ、かゆみ、湿疹等が起こる事はそう珍しい事ではなく、女性は特に化粧品を顔に使用する事が多いので、注意が必要だそうです。

しかし。みんなほんとにやってるの?やったことないよ!と思いますよね。

実際私自身もそう思ってましたし、ネットで検索するとやはりあまりやらない人の方が多い印象を受けました(あくまで個人の見解です)

そもそも24~48時間ってかなり長いですし。

 

ですがこの安易な考えが原因で私は地獄を見ました。

私の場合、ヘアカラーや化粧品ではなく除毛クリームだったのですが、これも取扱説明書にはパッチテストを行うよう注意書きがあります。

で、もちろん馬鹿な私はそんな取扱説明書など読まず、太もも裏の毛を処理しようと、除毛クリームをふんだんに塗り、

ふんだんに塗ったにもかかわらず少し余ったので、何を血迷ったかお尻にまで塗りたくり、挙句の果てには、お尻の割れ目ギリギリまでクリームを塗りました。

そして塗り終わってから数分放置していたら、わずか数分の間に異変が。

お尻が焼ける様に熱く、痛くて立っていられない状態に。

慌ててすぐにシャワーで流そうとお風呂に入り、シャワーをお尻にあてた瞬間、

「ギヤアアアアアアアアアアアア」と叫んでしまうほどシャワーがしみるしみる!

シャワーの勢いを弱め、痛みに耐えつつ泣きながらやっとの事でクリームを流し終わり、ひとまず鏡でお尻の様子を確認してみると。

なんというか、お尻全体が赤く腫れあがっていたのですが、その中にもどす黒さがあり、ひどい火傷を負ったような状態に。

 

その後も痛みがひかなかった為、皮膚科に行き先生に事情を説明すると、私が小さいころからの知り合いの先生だった事もあり、とりあえず笑われると共に「こういうテストがあってね?」と、どういう事がおこりうるか等々細かく説明してくださりました。

まぁ若干先生は怒ってましたが・・・そりゃそうですね。

この時は帰りに塗り薬を貰い帰宅。

 

その後、数日間の生活は言うまでもなく地獄でした。

とりあえず椅子に座れないんですよ、痛くて!

お尻の左側が、まだ若干痛みが軽かったのでそこをうまい具合に利用して仕事や食事、トイレをなんとかやり過ごしていましたが、たまに気が緩んだ時に普通に座ってしまって、痛みから「ふぁっ?!」っと変な声でちゃったり。

そしてそれを仕事中にしてしまい、周りから「おい・・・どうした・・・最近あいつちょっとおかしいぞ・・・」と噂されたり・・・

 

とまぁ本当にさんざんな目にあった訳です。自業自得ですが!!

そんなこんなで全く異なる分野ではありますが、「テスト」って本当に大事だなって、身をもって知りました。こんな事で知りたくもなかった事ですが!

 

何でもそうですが、取扱説明書やマニュアルはちゃんと読むべきですね・・・。

 

普段テストや検証で飯を食ってる人間が、そのテストを怠った事が原因で泣かされている現状でこんなこと言うのもおかしな話ですが・・・

テストって大事ですよ!

 

テストエンジニア:森田 元気

▼森田の紹介記事はこちらからご覧頂けます!

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

以上、【Qコラ〜QaaS通信番外編〜(Vol/10)】でした。

 

★Q☆次回は3月9日(金)更新予定です☆Q★

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

株式会社クアーズ LinQ実行委員会

▽ソフトウェアテスト・システムテストのご相談は

お問い合わせフォームよりご連絡下さい

Pocket

Share :

関連記事